Y-Linkは、山梨のWebサイトやブログをカテゴリー別にブックマークしたリンク集です。

Last update 2014.6.5 / Since 2005.6.1

Y-Link Yamanashi Web Bookmark

1675

タグリストから検索をする サイトの掲載を依頼する Twitter RSS

日本山岳ガイド協会認定ガイド 三上浩文のオフィシャルサイト

当ガイドでは、「お客様の夢を叶える山旅」を合言葉に、お客様のご希望を最優先したリクエスト山行をメインとしたガイドツアーを開催しています。  Comment 5 

5 Comments to "日本山岳ガイド協会認定ガイド 三上浩文のオフィシャルサイト"

河野 文子 7月 14, 2013 at 11:19 pm

☆三上さんへ☆

こんにちは!
この間は助けて頂いてありがとうございました(^o^)/

ガイド中なのに大変お世話になりました。

三上さんが貸してくれたサポーターのおかげで膝の痛み悪化せず、休みながらゆっくりゆっくり下山してきました。

膝はまだ治療中です。あした針治療しに行ってきます(^^)

腫れもひいて、順調に回復してます。
 
PCで「山岳ガイド三上さん」で探がしたら、オフィシャルサイトとか色々出てきてびっくりしました!

愛犬ナナちゃんの話とか三上さんの山行みたら、また山登りにすぐに行きたくなってしまいました。。。

三上さんがすんご~いガイドさんなんだってこともわかりましたし、

プロのガイドさんに助けてもらえたことも嬉しかったし(^^)天候にもめぐまれ

本当にあの時は守られたと思いますし、三上さんに感謝です☆☆☆

あの日は私にとって、初めての富士登山でした。

前日の日に須走りの7合目の大陽館に1泊して翌日頂上目指して無事に剣ヶ峰まで登頂できました(^^)!

ご来光も7合目の大陽館で見れたし、なにせ夜景と星空のセットがたまらなくきれいでした。(TT)

ただ下山の砂走りルートに慣れてなかったのと、おも~い荷物とまだ病み上がりの膝を抱えての下山だったため、

うかつでした(TT)

しばらくは山行お休みして治療に専念します。

治って筋力つけたら・・・目指すは、八ヶ岳です(^o^)!

行けるか分からないけど・・・一応目標にかかげてます☆

三上さんもガイド頑張ってくださいね!!

もし八ヶ岳行くことになったら、その時は三上さんにガイドお願いするかもしれません。

その時はよろしくお願いしますね(^^)!

おやすみなさい☆

松井はる美 8月 6, 2013 at 6:14 pm

こんにちは
岳沢で ”うつぶせに倒れていた” 京都のシャリバテおばさんです。
アミノバイタルと、楽しいお言葉 ありがとうございました。
お世話をかけました。
おかげさまで、ゆっくりでしたが、無事下山できました。

朝食の大切さは、同行の九州の彼女に、いつも
言われているのですが、あの日は、喉を通りませんでした。

先日のメンバーさんは、お友達同士とおみうけしました。
甘露煮のお好きな(?)人はじめ、皆様によろしくお伝え下さい。

三上浩文 8月 13, 2013 at 10:20 pm

松井さん、コメントありがとうございます。
九州の方とご一緒でしたね。
僕はガイドですので、一緒にいた方たちはお客様です。
松井さんにお会いしたのが8月11日。僕らは8日に上高地から入って
まずは槍ヶ岳、南岳から大キレットを歩いて北穂、涸沢岳、奥穂そして前穂でした。
何日も一緒にいると仲間みたいになっちゃうんですよ。厳しい所だと尚更です。

お二人とは前穂の下りから一緒だったような気がします。
あの時の、下りの歩き方のおいらのアドバイスは効きました?
それが気になる三上です。
よろしくお願いします。

蘇 紅梅 9月 4, 2014 at 5:17 am

三上さんへ
一昨日から 一緒に富士山に登った蘇と申します。
パソコンで調ていたら、三上さんの名前がありまして、メッセージを書きさせていただきます。
私は初めて富士山に登りました。ちょっときつかったですが、
三上さんとの楽しい話をしたり、また荷物を持ってもらったり、
膝に薬を塗てもらったり、さらにあのゴールドの(食べ物)をもらって飲んたり
三上さんのおかけさまで、富士山に登れて無事に下山をすることができました。
二日間 いい思い出ができて本当にありがとうございました。
また 一緒に富士山を登りたい、そしてお鉢巡りしたいです。
どうぞ よろしくお願いします。

ヤマボウシ 12月 3, 2014 at 8:39 pm

こんばんは。
BSの日本百名山「鳳凰山」見ました。
三上さんのガイドで、地蔵岳までの登山が紹介されていました。ワンポイントアドバイスが
中々よかったですよ。
しかし、薬師岳からの雲海が素晴らしかったですね。実際に歩いているような感じでした。
当日、稜線上の一行を下から望遠鏡で探したのですが見つかりませんでした。
次はどこになるのかな。楽しみですね。

Comment


コメントは、どなたでもご自由にどうぞ!
   
           

   

 

↓フェイスブックでは、山梨の「Facebookページ」を集めたリンク集を展開中です!